育休コミュニティ「MIRAIS」とは

有意義な育休を過ごし、人生を豊かに


本音で自分と向き合い
それぞれのテーマにそった育休を
仲間とともに歩む

なんとなく育休をなくしたい

なんとなく育休を過ごし、なんとなく不安になり、なんとなく復帰して「こんなはずじゃなかった」と壁にぶち当たる。マミートラックに陥る。理想の子育てができなくて悩む。

それは、多くの母親が体験してきたことだと思います。そして、そんな状況を目の当たりにした次の世代も「子育てって大変そう」「子どもができたらキャリアを諦めざるをえないんだ」と不安を抱えています。

「なんとなく育休」をなくしたい。

代表・栗林の想いから、育休コミュニティ「MIRAIS(ミライズ)」はスタートしました。

育休中の過ごし方は人それぞれ。子育てを思いっきり楽しんでもいいし、キャリアの棚卸しをするのもいい。今まで諦めてきたことに挑戦したり、スムーズな復職のために家事代行を頼んだり、パートナーシップを強化することもできる。

会社から離れる長い期間だからこそ、自分のためにも、そしてこれから先ずっと親の背中を見て育つであろう子どものためにも「なんとなく」過ごしてほしくない。むしろ育休から自分の人生をはじめようー。

そんな想いでこのコミュニティをスタートさせました。


有意義な育休で人生を豊かに 

MIRAISのメンバーは、有意義な育休を過ごすためにそれぞれがテーマを設定します。有意義な育休と聞くと、「キャリアアップのために何かをすること」「効率的に時間を過ごすこと」といったイメージがあるかもしれません。

でも、果たして本当にそれが有意義な育休なのでしょうか?

私たちは、「自分が本当にやりたいことをして過ごす育休」を有意義な育休と定義しています。

そのためにコミュニティのメンバーひとりひとりが育休中のテーマを決め、それに沿って過ごしています。

それは栗林自身が1人目の育休でテーマを持って過ごしたことが有意義だったことから、そしてそれを応援しあえる仕組みがあったら良かったという想いから作られた仕組みです。

テーマを決めるだけで1日の充実度が変わります。「今日も何もできなかった。あっという間に1日が終わってしまった」と思うのか、「今日も1日、子どもと楽しく過ごすというテーマで過ごせた!」と思うのか。積み重なれば、天と地の差が出てきます。

育休中に自分と向き合い、本当にやりたいことを考え、実現していく。それを応援しあう場がMIRAISです。


MIRAISは練習場

「そもそもやりたいことがわからない」

「どう始めればいいかわからない」

そんなメンバーも、他のメンバーの手を借りて自分らしい育休を作り上げています。テーマについて、メンバーの関心ごとや心配ごとを浮き彫りにし、テーマ設定をフォローする仕組みもあります。

MIRAISは練習場。野球で例えるならいきなり甲子園には出られないから、まずは部活に参加して、草野球で試合に出てみる、部員同士で助け合う。そんなイメージです。

育休中という共通点でつながる仲間は、年齢も職種・業種も多種多様です。それぞれが自分の得意なことを持ちあって、イベントやワークショップも立ち上がっています。

やりたいことが見つかったら自分で企画をしてみる、リーダーになってみる。そんな経験をすることができます。

MIRAISではZOOMというオンライン会議ツールを使い、イベントや相談会を実施しているので、PC一台で、海外や地方、どこからでも活動ができます。


同志になろう

MIRAISの代表・栗林は2児の母。栗林が初めての育休から復帰して痛感したのは「同志」がいることの大切さでした。同じ志を持つ存在がいるといないとでは、復職後の踏ん張りも違ってくるはず。

MIRAISでは、今後の人生を支えあえる出会いがたくさん生まれています。

年次や業種、興味関心に縛られない、「育休中」という共通点から生まれる出会いは想像以上に面白く、新しい発見があるはずです。


活動内容

テーマ設定

育休コミュニティ「MIRAIS」では、メンバーそれぞれが「育休中のテーマ」を発表し、テーマの達成に向けて、毎月進捗を確認しあい、協力しあう活動をメインに行っています。

「ワークライフバランス」、「スキルアップ」、「育児」などテーマは多種多様。

どのようにテーマを決め、テーマ達成に向けてどのようなチャレンジをして育休を送ったのか。

テーマを持つことで育休を楽しみながら活動しているMIRAISのメンバーにインタビューを行いました!


読書会

読書好きの図書委員が選んだ、育休中にこそ読みたい・読むべき本を課題図書とし、毎月読書会を開催しています。

感じたことを持ち寄ることで、本への理解が深まり、新たな気づきを得られます。本で提案されているワークをメンバー同士でしてみるなど、コミュニティを活発化させるエンジンの1つです。


オンライン講演会

「育休、いいとも!」と題して不定期に開催。

育休をユニークに過ごした方、育休で人生を変えた方をゲストとして迎え、体験談を通じて様々な気づきを得ています。

オンラインで気軽に視聴できるスタイルが好評で、毎回質疑応答も活発に行われています。


参加するには

育休コミュニティ「MIRAIS」では第3期(2019年9月〜2020年3月)メンバーの募集を2019年9月に行ないました。

たくさんのご応募ありがとうございました!


メンバーでなくとも参加できるイベントは随時開催しておりますのでぜひご参加ください。

また、育休コミュニティ「MIRAIS」のFacebookページをフォローして頂ければ、イベント情報や新規メンバー募集についてお知らせいたします。


イベント情報


活動レポート



お問い合わせ

お問い合わせは、下記フォームからお願い致します。


記事一覧

        個人情報保護方針

当団体は、個人情報が重要な資産であることを理解し、個人情報を正しく扱うことが当団体の重要な責務であると認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めることを宣言します。

第1.個人情報保護に関する法令や規律の遵守

当団体は、「個人情報の保護に関する法律」及び関連法令、並びに国の定めるガイドラインその他の規範を遵守し、個人情報(当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの)を適正に取り扱います。

第2.個人情報の取得

当団体が個人情報を取得する際には、利用目的を明確化するように努力し、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

第3.個人情報の利用

当団体が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的(当該目的と合理的な関連性のある範囲内の利用を含む。)の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

第4.個人情報の第三者提供

当団体は、次の場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

・法令に基づく場合。人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

・国の機関若しくは地方公共法人又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第5.個人情報の管理

当団体は、個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報紛失、改ざん、漏えいなどを防止するために、必要かつ適正な措置を講じます。

第6.個人情報に関するお問い合わせ

ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問い合わせは、問い合わせフォームまでお願いいたします。